KLab Ventures代表ブログ『鴻鵠之志』より転載)

===================================================

 今回は普段起業家とお会いする際に感じていることを書いてみたいと思います。

よく言われていることですが、シード、アーリーステージのベンチャーが投資家を受け入れる目的は、単に資本を調達する以外にビジネスを一緒に発展できるパートナーを見つける目的も重要なので、その投資家がパートナーとして適切なのかを見極めることはとても大事です。

一度自分の株主になってしまうと、ステークホルダーになってしまうので意見調整にコストがかかる人であれば、それだけで会社にとってコストです。

そこでもし自分が起業家だったら投資家、VCに対してこんな質問をしてパートナーになりうる存在なのかを見極めるな〜と思ったので共有します!

image

①もしあなたがこの会社の社長だったらどうします?

「サービスの方向性」「メインユーザー(クライアント)の選定」「競合戦略」「マーケティング戦略」「経営戦略」「資本政策」などについて、もしあなたがこの会社の社長だったらどうするか、という目線で投資家にしっかりと質問してください。

そこで納得できる答えが帰って来なければ、その人はパートナーとして不適格だし、その後苦労することになります。

ただし、知識で勝負しようと思っていはダメです。ビジネスにおいては考え方のプロセスが大事なので、知識量で見極めるのではなく、どういう考え方で上記のような戦略を組み立てる思考の持ち主なのかを確認してみるのがよいです。

②分かりやすい支援内容は?

投資後にパートナーとなるベンチャーキャピタルは、必要に応じて支援をしてくれる存在です。そんな中で具体的に即効性のある支援内容として、どんなメニューを持っているのかをきちんと確認した方がいいでしょう。

その中でも「人の紹介」は重要な項目です。なんだかんだでベンチャーキャピタルのネットワーキング力は頼りになります。

でも人によって得意とする人脈は違うので、この会社をバリューアップさせる上でどんなビジネスパートーナーを紹介してくれるのか聞いてみるのがよいと思います。



上記の①で、経営におけるディスカッションパートナーとしての見極めをし、②で具体的なメリットを確認するとよいと思います。過去のトラックレコードで判断するよりも、こうした質問を通じて自分の頭で判断するのがよいと思います。

※流行りの3点にまとめる流れにしたかったんですがこの2つが先ずは重要な気がするので強引に3点にするのは辞めました^^;

これを読んだ皆さんは当たり前のことじゃん?と思うかもしれませんが、意外なことに実際に起業家との投資検討の打ち合わせにおいて、このような質問をされるケースはあまり多くありません。でも対等なビジネス・パートナーとしてどんどん質問してお互い見極めることはとても大事です。

まとめ

投資家、ベンチャーキャピタルに出資の話をしにいくときには、遠慮無くどんどん質問しましょう!

自戒もこめて^^;;