7/11(木)に、「ギーク・スーツカンファレンス~技術とビジネスを両立するキャリア論~」と題し、エンジニアの方を対象としたイベントを行いました!
20130709153746img

日々の投資活動の中で、ビジネススキルは高いが技術力を強化した方が良い企業だと(その逆もあります)感じることがあります。
両方のスキルを備え合わせている人材は貴重な存在ではありますが、そういった方々と一緒に日本のスタートアップを盛り上げていきたいという想いで、今回のイベントを開催させていただきました。

それでは、さっそくレポートです♪
第一部は、『スタートアップAWS活用術』です。
アマゾンデータサービスジャパン株式会社ソリューションアーキテクトの安川様にご講演いただきました。

1

多くのスタートアップがクラウドとしてAWSを利用していますが、なぜ支持されているのか、具体的な事例を含めてご説明いただきました。今回は参加者がエンジニアということもあり、専門的かつ深い部分もご説明いただき、参加者の方々の満足度もとても高かったです!

続いて、第2部は『登壇企業紹介&トークセッション』です。

★登壇企業様★
 LiveStyles株式会社 (提供サービス:tixee)CEO:松田氏
 株式会社サマリー (提供サービス:Sumally)CTO:北村氏
 株式会社TIMERS (提供サービス:Pairy)CTO:椎名氏
 株式会社Intimate Merger(企業URL:こちら)代表取締役社長:簗島氏
★モデレータ★
 KLab株式会社 取締役:天羽氏

6

「CTO/CEOになった経緯」、「CTOってなんですか?」、「技術的な成長と事業的な成長はシンクロしているか」、「技術的な成長と事業的な成長にギャップがあるとしたらどういうところか」といったテーマを中心にトークセッションを行いました。

最も熱く語られていたテーマが「技術的な成長と事業的な成長の関係」について。
もちろん同時に成長していくことが望ましいとは思いますが、実際はそううまくはいきません。

8

実際に、現場でそういったジレンマを抱えた経験のある皆様からはこんな意見が挙がりました。
------------------------------------------------------------------------------
・必ずしも技術的な成長=事業的な成長に繋がるわけではない
・事業が成長した結果、技術の成長にも繋がることが多いのではないか
・2つの成長のタイミングは異なることもあるが、チームが目指していくベクトルが同じ方向に向いていることが重要である
・技術的な成長ばかり進んでも、お客様が使いたいと思えるサービスでなければ意味がない(事業の成長はない)
・事業担当と技術担当の考え方が一致していることが重要
 ⇒そのためには常にビジョンを共有し続けることが大切!
 ⇒事業面と技術面の役割分担をきっちり分けることでうまくいく場合も!
------------------------------------------------------------------------------

質疑応答では、「自分より優秀な人材が入社した場合は(ポジションなどは)どうするか」など、興味深い質問もあり、盛り上がりました!

9

参加者の皆様からは、「普段聞けない現場エンジニアの話が聞くことが出来て良かった」「スタートアップへの興味が湧いた」などのご意見をいただきました。
7/30(火)にも、UXをテーマとしたエンジニア&デザイナー向けイベントを開催予定です♪詳細が決まり次第、facebook公式ページで情報発信を行っておりますので、いいね!お願いします^^

ご登壇いただきました企業様、参加者の皆様、ありがとうございました★