KLabVentures インターンの石塚です。

J1のFC東京最終戦、北海道日本ハムファーターズ戦や読売ジャイアンツ最終戦など大型のスポーツイベントでもスマートフォンによる"電子もぎり"を活用したチケットサービス『tixee』の導入が進んでいるのはご存知でしょうか?

 「tixee」を活用することで、ユーザーはチケットの購入から受け取り、そして会場への入場までもがスマートフォン1台で行うことができます。

本サービス(tixee)を手掛け、弊社でも支援させていただいる
Live Styles inc.は業務拡大にともない積極的に新メンバーの採用活動をおこなっており、
10月10月(木) 19:00~に営業職、エンジニア職を対象に採用説明会を開催します。

★詳細はこちら↓★
2020年東京オリンピックでtixeeをオフィシャルチケットにしよう!会議 ~Live Styels inc.採用説明会~

https://tixee.tv/event/detail/eventId/1913 

今回のエントリーはそれに先立ちまして、2020年東京オリンピック オフィシャルチケットへの導入を声高らかに掲げるLive Styles inc. 代表取締役社長 松田晋之介氏に
移転したてほやほやの渋谷の新オフィスにて行った今後の展望と採用についてインタビューを掲載します!!

20130919_150644
(Live Styels inc. 松田晋之介氏)

■大型スポーツイベントでtixeeが使われるワケ
‐‐ここ最近は読売ジャイアンツ戦、北海道日本ハムファイターズ戦などのスポーツ、特に球界でので導入が目立っていますが、導入されたのにはどのような理由があるのでしょうか?

松田:球界関係者からはきめ細やかなCRMができるということで好評をいただいています。プロ野球の場合、1年間に144試合開催され1年間の半分も試合をやっていることになります。東京ドームなど5万人入る大きな会場の場合、2日に1回のペースで5万人を導入しないといけません。そのために大事なのは既存のお客さんにどれだけまた来てもらえるかということ。今までような紙のチケットだと、どのようなお客さんが来ているのかがわからりませんでしたが、tixeeだとお客さんの情報をしっかりと管理することができます。
また、tixeeはソーシャルメディアとの相性がとても良く、野球に興味のなかった新規のお客さんに来てもらうことも可能にしています。
既存のお客さんは会員データ化でCRM活用、新規のお客さんはソーシャルメディアを使ったプロモーションでの獲得という最低でも2つのニーズを満たせる。コンビニやメールマガジンでの展開が主流だったチケッティングサービスのが流れが確実に変わってきているという実感があります。

‐‐私はtixeeとスポーツビジネスはとても相性が良いと考えます。プロ野球界をはじめとするスポーツビジネス新たな収益源を開拓できる可能性があるのではないでしょうか?

松田:それ以外にもチケットにはもっともっと可能性があると考えています!! 紙のチケットには入場認証の役割しかありませんでしたが、チケットがスマートフォンとエンゲージしたことによって、それがメディアになり、プロモーションツールになり、入場認証もできるし、CRMもできる。チケットの持つ可能性を最大限に引き出すのがtixeeです。

‐‐Fリーグ(フットサル)やJリーグでも導入されましたが、今後も他のスポーツへの展開も考えてますか?

松田:tixeeは簡単に誰でもチケットが発券できるので、マイナースポーツ含め全部のスポーツに導入いただければと考えています。


■知名度の壁と横展開
‐‐そうなると見えてくるのがオリンピックだと思います。オフィシャルチケットとしてtixeeが導入を目指されるにあたっての現在のボトルネックは?

松田:現状、他のチケット会社に比べて知名度が低いことが問題だと認識しています。ユーザーがそのサービスを使う使わないというのは知名度に関係している部分が大きい。スマートフォンのサービスなので知名度が高くなれば外国の人にだって使ってもらえるし、東京オリンピックではひとつのツールとしてぜひ使って頂きたいと思っています。

‐‐海外のユーザー獲得のために世界展開ははじめているのでしょうか?
 
松田:すでにシンガポールとタイにコンタクトをはじめています。日本はチケットコントロールのクオリティが世界で一番高いので、
日本で一番のチケットサービスになれば世界一のサービスということ。世界一のものを横展開していくのは簡単。tixeeの場合「世界展開」ではなく「横展開」という言い方が正しいと思います。 

20130919_152636
(目標は世界一の企画会社)

■"チケット"と情報のプラットフォームへ
‐‐プロダクトとしてのtixeeを今後どのようにしていきたいですか?

松田:情報とチケットがあわさったプラットフォームにしたいと考えている。イベントを行くときにだけチケットを買って使ってもらうというのが現状だが、それだと年に数回しかtixeeとの接点がない。僕達はイベントの主催者様ともつながっているので、主催者様が持っている情報や資産を活用した情報発信ができる場にもして、ユーザーとの接点をさらに増やしていきたいと考えています。


■"かっこいい人"と働きたい
‐‐採用についてのお話をお聞きします。以前松田さんは「かっこいい人」と一緒に働きたいとおっしゃっていましたが、
松田さんにとっての「かっこいい」とはなんでしょうか?

松田:徹底的に考えていることです。聞かれるか聞かれないかわからないが100個ぐらいのオプションを用意していて、言われた時にそのうちの1個をパっと出せ、残り99個を無駄にできる人はかっこいい。後は、基本的なことがしっかりできる人。時間に遅れない、約束を守る、感謝する。基本ができてクダけている人はかっこいい。シティハンターの冴羽獠みたいな人物が理想ですね!!!

‐‐かっこいい以外にどのような人と働きたいですか?
 
松田:僕はアメリカの大学に通っていたのですが、現地の大学で衝撃だったのは先生に赤ペンいれられることを皆喜んでいたこと。彼ら彼女らは成長の余地がまだあることに喜びを感じていた。トライ&エラーに屈しなくて、失敗をポジティブに考えることができる人と働きたいですね。

--Live Styles inc.を創業していままで一番の印象に残った瞬間はなんでしたか?
松田:Mr.Childrenのライブ会場でtixeeを使って入場している人をたくさん見た時。オセロの黒面を全部白にひっくり返した気分だった。
時代を動かした感覚、イノベーションを起こした実感をその現場で感じることができました。

‐‐最後に一言お願いします。
松田:本気でtixeeをオリンピックに導入したい人だけが採用説明会に来てください!!!

20130919_152733
(新オフィスには吹き抜けがある) 

■採用説明会は10月10日(木) 19:00~
オリンピックを本気で狙うLive Styles inc.の採用説明会を開催します!!
皆様のご参加をお待ちしております。

2020年東京オリンピックでtixeeをオフィシャルチケットにしよう!会議 ~Live Styels inc.採用説明会~
★お申込み→ https://tixee.tv/event/detail/eventId/1913 

日時:10月10日(木) 19:00~22:00(開場18:30)
場所:Live Styles inc.オフィス(渋谷)
定員:20人   営業職、エンジニア職 

タイムテーブル:
-18:30  開場
-19:00  開会
-19:05  説明会
-19:25  ワークショップ
-20:25  アイデア発表 
-20:50  懇親会&表彰式
-22:00  終了