コラム

読感メモ「海賊とよばれた男」

KLab Ventures代表ブログ『鴻鵠之志』より転載)

===================================================

 少し前に話題になっていた「海賊とよばれた男」を読了しました。
_SS400_

本作品は出光興産の創始者である出光佐三の自伝的小説であり、戦前から戦後の激動の時代の中で一代にして巨大企業を作り上げた、半端ない生き方を綴ったものです。

2013年読書の中でベスト3に入るくらい良書でした。
読書で泣いたのは久しぶり!

満州での躍進、GHQとの対峙、日章丸事件、セブンシスターズとの暗闘、などなど見どころの多い本書の中でも現在に通ずるエピソードが満載でした。
※以下ネタバレ注意!

■就職エピソード
出光佐三は神戸高等商業(現:神戸大学)を卒業した、学歴的にはいわゆるエリート学生で、周りの友人は大手企業に就職するのが当たり前だった。
しかし、独立を考えていた出光佐三は学友から「お前は学校の面汚しだ!」と罵倒されながらも社員数名の個人商店に丁稚のような形で入社した。自ら会社を立ち上げるのに必要なビジネスのノウハウを数年で吸収したいと思ったからだ。そして、25歳で出光商会を立ち上げる。

現在でも就職活動をしている学生にとって「大企業VSベンチャー」のテーマというのは重要なものですが、明治の時代から続いている不変なテーマだったんですね^^;

■出資経緯
独立にあたっての出資経緯もすごいです。赤の他人から6千円(現在価値で約1億円)を「この金は貸すのではなく、もらってくれ」と言われ資金提供を受けたといもの!しかも、「返済不要、利子も不要、事業報告も不要」という条件で!
さらに、資金提供受けるにあたっての求められたことは、

  1. 従業員と家族と思い、仲良く仕事してほしい。
  2. 自分の主義主張を最後まで貫いてほしい。
  3. 私がカネを出したことを人に言うな。
という摩訶不思議な条件だった。
出光佐三を心底信頼しているからこそできることだった。

出光佐三とこの資金提供者である日田重太郎との縁は、日田重太郎の息子の家庭教師をしていたというのが始まりである。
一切妥協せずに怠け者の息子を叱責しながら教育する姿を見て、信頼できる青年だと思ったのがきっかけになったということ。その家庭教師がきっかけで事業資金の提供に至るんだから人生何があるかわからないです。

ただ、実際にベンチャー投資の世界にいると同じような話はよくある話です。
偶然の出会いからビジネスや投資に至るということは、古今東西変わらない話だなと思わされるエピソードでした。


 
先月には石川島播磨工業、東芝の社長を歴任した戦後を代表する経営者である土光さんの
清貧と貧困 土光敏夫の100の言葉」も読んだばかりでした。
DeNA難波さんやサイバーエージェント藤田さんなど、経営者本が最近人気となっていて私も読んでとても素晴らしいなと思っているのですが、昭和の経営者はまたひと味違った胆力があります。
戦争で日本が廃墟になった中で、なんとしてでも復興しなければならないという使命感を持ってビジネスを切り開いていった生き様は身の引き締まる思いです。

出光佐三が戦後2日後に社員を集めて、
「愚痴をやめよ。世界無比の三千年の歴史を見直せ。そして今から建設にかかれ。泣き言をやめ、日本の偉大なる国民性を信じ、再建の道を進もうではないか!」と語ったエピソードなどほんと感動しました。
現在の若手起業家やビジネスマンがここまで日本を背負ってするべし!なんてことはさすがに思っていませんが、人間が何か事を成すにはこういった胆力が必要なのではないかと改めて痛感しました。

まとめ

スピード早すぎていろんな情報がありふれるビジネスの世界においても、過去の偉大な経営者から温故知新ありまくり!

「学生」という武器を生かすインターンシップ術

KLabVentures インターンの石塚です。

インターンシップとして働く"学生"の方に向けたエントリーです。

インターンという制度自体は就業体験的な要素が強いですが、
その中でもきちんと成果を出したいと考えているのに
学校に通いながらの業務となるので時間的なコミットができなかったり、
スキルや情報量の不足を引け目に感じ消極的な態度で業務に望んでしまっていたりと、「学生」であるということがネガティブな要素になっていると感じていることはないでしょうか?

001

私はこれまでIT/広告というドメインで5社において半年以上期間インターンシップとして従業し、制作会社での開発業務から、巨大メディアの運用、新規事業立ち上げまでの業務の経験してきました。

~~
1社目:教育系IT会社 :Web制作(1年半)
2社目:ソーシャルメディアマーケティング支援会社(半年)
3社目:デジタルマーケティング/Web制作会社 (1年)
4社目:広告・マーケティング会社 :新規事業開発(半年)
5社目:KLabVentures(現在)
~~

その中で感じたことは「学生」という立場は使い方次第では強い武器になるということです。
私のこれまでの従業経験を踏まえ、「学生」という強みを最大限に生かすインターンシップのメゾットをご紹介いたします。

なお本稿でのインターンシップは長期(半年程度)の従業型のものを想定しています。

■"未知の分野"でのインプット
これまで会社として蓄積したノウハウが通用しないが避けて通ることはできないこと、新技術の導入、新しいプラットフォームを活用したサービスの企画・開発の分野では「学生」であることを最大限に強く生かすことができます。
既存のノウハウや成功事例がない分、スタート地点は皆ほぼ同じ。
はじめはインプットを求められる傾向にありますが、「社会人」の方々は通常業務や家庭のこともありまとまったインプット時間をとることは容易ではありません。
一方、学生は時間的な余裕があることに加え、ほとんどのセミナーや勉強会に無料で参加することができますし、その分野で活躍する第一人者の方とお互いに面識を持つ関係になることも難しくありません。
その会社にとっての”未知の分野”においては情報の量・質・人脈ともに圧倒することが可能です。

例えば、私は3社目のインターン先にて昨年(2012)の10月にリリースされたWindows8用のアプリ制作のプロジェクトに携わっていたのですが、まったく新しいプラットフォームということで社内には誰も実用的な知識を持っている人がいませんでした。そこで私は、自分が持つ時間量を生かしてマイクロソフトが主催するWindow8開発者向けのセミナーに足繁く通い、試作品を実際に作っている人に会いノウハウを享受したりと、希少価値の高い「情報」を通じてそのプロジェクトへのコミットを果たしました。


アウトプットは大人数に向けて
インプットしたことはモックや企画、レポートの形なりでアウトプットを求められることになりますが、
自分の考えやアイデア、技術力のアピールを高い情報価値を持つアウトプットの中に織り交ぜる形でなるべく社内の大人数に向けて発信しましょう。それが自分自身の「ブランディング」につながります。
自分が得意なもの苦手なものを周囲にきっちりと表明することで希望する業務がまわってくるチャンスが増し、フィードバックをもらえる機会も増え、業務へのモチベーションもあがる好循環を築くことができます。


■競合・顧客と接点を持つ
これに関しては情報保持や雇用契約を尊守するということが前提の上で、
就職活動系のイベントや学生でした参加できないような場を活用して、自社の競合や顧客にあたる会社の現場レベルの人と積極的に接点を持ちましょう。
(その際は念のため上長に一言伝えることを忘れずに。)
同業他社の動向を正確に知る機会となりますし、toB系(受託開発のような)の業務においてはクライアントと顔見知りという関係と相応の"信頼"を築くことができれば担当できる業務の領域が各段に増えてきます。
(営業系の業務はこの手法は控えた方が無難です)

私の場合、過去に「applim」というマーケティングプランコンテストを主催する学生団体に所属していたのですが、
そこでは、コンテスト開催するにあたりご協賛いただいた企業の担当者の方だったり、学生のメンタリングを担当してくださるIT/広告業界の100名近い若手社会人の方たちと幅広い人脈を築くことができました。
インターンの実際の業務では、そこで知り合った人がクライアントの担当者だったり、競合サービスの責任者であるということが多々あり、実際に客前に立ち提案をする機会をクライアントからの指名で頂けたり、競合の動向を詳しく分析した情報価値の高いリサーチの提供などの業務を遂行することができました。


■空気を読んで空気を読まない
社内の人間関係、組織風土に敏感になる必要もない分、
暗黙の了解的な要素に切り込めることも"学生インターン"の強みとしてあげられるでしょう。
入社したてのすぐの時期に感じた"違和感"はとても大事で、
何かしらの形で表明しなければその違和感に慣れていってしまいます。
客先に出向くわけでもないのにどうしてスーツ着用が義務なのか?
スマホアプリを作る会社なのにどうして業務中にスマホをいじってはいけないのか?
社内に自動販売機があるのにどうしてごみ箱はないのか?
どんな小さな違和感でも大きな違和感でも初期の段階で直属の上長や人事にでも伝え"改善"をはかりましょう。


■学生にウケるサービスの企画立案は特別な効果なし
"学生の強み"として勘違いされるのが「学生ウケする企画」を考え易いということですが、これに関しては日本人が日本人にウケる企画を考えるのが容易でないのと同じで、学生だからといって特別な効果は期待できないと思います。

学生という立場だからこそ得られる情報や人脈をフルに活用して、
みなさんのインターンシップが実りあるものになれば幸いです。

資金調達と経営者のシェア

こんにちは。KLab Ventures田中です。
今日は資金調達と経営者のシェアについて書きたいと思います。

8
5日付の日本経済新聞で、「ごちクル」を展開するスターフェスティバルが10億円の資金調達を行って弁当宅配事業を全国展開するという記事が出ていました。同社は1年前に資金調達を行っていますが、次のフェーズに向けた大規模な資金調達を行うようです。

国内でも事業拡大期において大型の資金調達を行う事例が増えてきていますが、一方で経営者にとって資金調達は自らの持株比率のシェアが下がることになり、そのバランスに悩まれると思います。

そこで、私が経営者だったら観点でどのように資金調達を行ってシェアを維持していくか、まとめてみました。
 

  • 設立時は経営者100%

    設立に至るまでの支援者・設立時に出資してくれる支援者はいらっしゃると思いますが、スタート時点でシェアが下がってしまうと、その先ずっと影響を受けることになるので、まずは経営陣のみで出資します。共同創業の場合は、会社から離れる場合どうするか、事前に取り決めしておくことをお勧めします。

  • VCラウンドの前はあまりシェアを下げずに

    VCラウンドでは数千万円超の規模の資金調達を行うと思うので、相応のシェアの低下が生じます。その前の段階でも増資を行うケースがあると思いますが、なるべく株価にはプレミアムを付けて、シェアを維持していきます。VCラウンド前は低い株価で発行していることが多く、シェアが低下しやすいためです。米国で行われているConvertible Noteのように将来のVCラウンドの価格に対してディスカウントを設定する手法を取るのも良いと思います。

  • 役職員にはストックオプションで

    役職員に株式を引き受けてもらうことは、資金調達及び役職員のコミットメントという意味ではプラスですが、人材の流動性の高いステージですので、ストックオプションを付与し、退職時には失効するといったスキームを検討します。

  • VCラウンドは1年強の必要資金とマイルストーンの設定を

    VCに対して資金調達活動を行う場合、3ヶ月程度かかるのが一般的で、その間、本業に集中できない状況が続きます。資金調達後に本業に専念する期間を確保するために、1年強の事業継続が可能な資金調達を行います。また、資金がなくなる半年前には再度資金調達の準備を始めることになるので、次回の資金調達活動(VCと接触する段階)の時期までの事業のマイルストーンを設定して、事業進捗を明確にできるようにしておきます。 

  • 収益化がみえてきたら、成長加速のための資金調達を

    資金的に余裕があっても、収益モデルが確立し、マーケティングや営業に先行投資した場合のリターンが想定できる場合には、事業の成長を加速化させるための資金調達を検討します。業界内でのシェアを高めることで、競合との差別化を図っていきます。この段階では黒字化が見えており高い企業価値での資金調達が実現できシェアの低下も限定的になります。

  • シェアの目安
    成長加速のための資金調達の前の段階で50%以上は確保し、上場の段階で株主総会の特別決議に反対できる34%を少なくとも確保できるようにしたいところです。


いくらかでも参考になったら嬉しいです。ご意見・お問い合わせは
tanaka-ma@klabventures.jp まで宜しくお願いします。

【ディスカッションレポート】7/30(火)開催!グローバルで通用するユーザー体験のつくり方 ~CocoPPa、SmartNews、tixeeの仕掛け人が語るUI/UX~

はじめまして。
5月よりKLabVenturesでインターンシップをしております石塚です。
主にイベントの企画・運営の業務を担当しています。
今回のブログは、7/30(火)に開催いたしました
「グローバルで通用するユーザー体験のつくり方  
~CocoPPa、SmartNews、tixeeの仕掛け人が語るUI/UX~」
のイベント内で行われたパネルディスカッションのレポートを掲載させていただきます。

IMG_0196
 

モデレーターはバスキュール株式会社 西村真里子氏が務め、
スマートフォンアプリを想定とした
・Stickness体験をどう作るか?
・新しいデバイスへの対応、
・各アプリのプロモーション施策
についてディスカッションが行われました。


◆Stickness体験をどう作るか

‐‐スマホアプリはアクティブユーザー数も重要だと考えます。繰り返しユーザーに来てもらう「Stickness」体験を提供するためにデザインUI/UXおよび仕掛けで工夫している点を教えて下さい。

手嶋: CocoPPaでいうところのSticknessは、クリエイター向けということにはなるが、アイコンを投稿した瞬間に
世界各地のユーザーからものすごい数の反応が返ってくるという体験が相当する。
一番ダウンロード数が多いアイコンは日本の女子中学生が作ったもので、250万ダウンロードを獲得している。
めちゃめちゃ身近にグローバルを感じることができる楽しい体験がユーザーのSticknessにつながっていると考える。

浜本: SmartNewsにおけるSticknessの重要な部分は「プッシュ通知」。プッシュ機能を埋め込むにあたって参考にしたのは奥村倫弘氏の「ヤフー・トピックスの作り方」という書籍で、日本では朝8時、昼12時、夕方は5時~6時の3回がアクセスのピークになる。プッシュ通知にどのようなニュースを載せるのかもすごく大事で、ユーザーのアクセス動向をもとにユーザーが求めているであろうニュースを掲載すればアクティブ率はより高くなると考えている。

松田: ユーザーにとって日常的なコンテンツを投入し続けることでStickenessを高めていきたい。
tixeeは大規模なライブイベントだけでなく、セミナーやパーティなど日常的なイベントコンテンツにも対応できる。
1年に数回しか行かないようなイベントだけでなく、生活の中で参加頻度の高く、かつ魅力的なコンテンツを充実させることがStickenessにつながると考えています。

■アプリを作って終わりというわけではなく、ユーザーにとって"魅力的なコンテンツ"を絶えず投入し続ける運用面での努力がStickness体験を作る上での基本事項となりそうです。

 
◆新しいデバイスにどう対応するか

‐‐今後スマホ/タブレット以外にGoogle Glassなどの新デバイスへの対応も必要になってくると考えます。スマホ/タブレット(PC)以外のデバイスでの対応を既に準備されていますか?

浜本: 先のことはあまり考えていない。SmartNewsを作る際に、デバイスに合わせて柔軟に対応できる可能性があるWebビュー方式のアプリよりも、たとえiOS/Androidと共倒れすることになっても、より良いユーザー体験を提供できるネイティブ方式のアプリで勝負することに決めた。
その時のユーザーシェアが一番多いデバイスで、一番良い体験を提供することに集中する。

松田: 準備はまだしていない。新デバイスへの対応とは違うが、イベント会場全体を最新のデバイスでオペレーションするという光景は見てみたい。

手嶋: まだ考えていない。新しいデバイスというわけではないが、既存のAndoroidアプリをテレビ用に対応をした経験があったがまったく"別物"であった。新デバイスの対応となると、入力デバイスが異なるので全く別の物を作るということを念頭においたほうがいい。

■みなさん共に当面は今のサービスの改善に集中するといったお考えをお持ちのようですが、
アプリを作る際にネイティブ形式かWebビュー形式かの選択が新デバイスへの対応という意味では分かれ目になりそうです。


IMG_0198
(左から手嶋氏、浜本氏、松田氏)
 
◆各アプリのプロモーション施策

‐‐アプリケーションは気付いてもらいダウンロードしてもらうまでの導線が必要だと思います。
プロモーション施策で「これはヒットした!」という施策があったら教えて下さい。 

松田: アプリをダウンロードしなければ使えないようなサービスにした。サービスの性質上、魅力的なコンテンツさえ揃えられれば、あとはコンテンツホルダーが集客をしてくれる。アプリのプロモーションよりもコンテンツの営業を重視している。

浜本: "アプリストア内SEO"という施策を行った。アプリの名前の中に"ニュース"という単語を入れ、SmartNewsという誰でも覚えることができる名前にした。その結果、「ニュース」で検索するとアプリストア内では上位に表示されるようになり、自然流入も増えた。本アプリは比較的メディアに掲載される回数が多いので、自然流入によるダウンロードの増減と、メディアからの流入による増減が相互に補完し合っている。

手嶋: プロモーションは運。運を掴み逃さないためにどう努力するかだが、サービス内容そのもにクチコミする要素があること、つまりサービスそのものがアドバタイジングになっていることが大事。
"ホーム画面を変えたい"というユーザー自身も気付いていなかった欲求に答えることのできるサービスは世界でCocoPPaしか存在しない
また、CocoPPaはビジュアルサービスなので言葉の壁を越えたコミュニケーションが可能で、ソーシャルメディアとの相性が良かった。

■プロモーション施策を考えるよりも前の段階で、サービスそのものにアドバタイジングの要素を織り交ぜることがヒットするアプリを作るためには重要な要素のようです。


◆UIデザインをどう検証するか?

参加者の方から以下のような質問があがりました。
 
‐‐正解が見えない中で試行錯誤しながら制作を進行してくと思うが、リリース後にUIデザインの良し悪しをどう検証するか?

浜本: リリース後にUIを検証しても手遅れ。アプリストアのレビューは蓄積されていくので完成度の低い状態でアプリをリリースしてユーザーの反応を見ながら改善していくという手法はアプリの場合取るべきではない。リリース前にUI検証を済ませるにはユーザーテストが有効。SmartNewsは、ヤコブニールセン氏のユーザーテストを5人やると80%の問題が表出するという論を参考に、リリースの少し前に10人に対してユーザーテストを行った。その結果コードの3割くらい変わったという経験がある。テストを行うユーザーの選別も重要で、スマホリテラシーが高すぎず、脚色されていないという人物を選別することが大事である。

手嶋: UNITEDは社内に相応のリソースがあるので、それらを活用してレビューをするということはやっている。海外ユーザーが大半占めるサービスなので外国の人向けにもユーザーテストを行う試みをしたい。

松田: tixeeはチケットサービスなのでイベント現場にいったら顔がわかることが特徴。
フィードバックを直接お客さんからいただくことができるので最先端のユーザーテストができていると自負している。


◆参加者へのメッセージ

‐‐最後に参加者への皆様へのメッセージをお願いします。
 
手嶋: アプリをつくることは統一された世界観をつくり出すこと。その世界観をコントロールすることに醍醐味を感じて欲しい。

松田: 圧倒的なかっこよさを追い求めることが大事。LifeStyleをLiveに変えられるように、常に驚きを提供することを意識して欲しい。

浜本: アプリはエンジニアリングとデザインの総合力がものをいう。どちらかに偏りすぎることなくバランスを意識してほしい。
 
それぞれの言葉で激を飛ばしパネルディスカッションを締めくくりました。

 
■ディスカッションの所感
"リーンスタートアップ"に代表されるように小さく生んで大きく育てる開発手法か、アプリストアでのレビューを考慮して徹底的にクオエオティを高めてリリースする開発手法か。
リーンとはいえあまりに質の低いサービスを提供することはディスカッションの中でもヒットの要素の1つとして取り上げられた"サービスそのものにアドバタイジングになっていること"がリスクになりかねません。
かといって過剰にこだわり過ぎてはリリースのタイミングを逸してしまいます。
リリース前にアプリのUI/UXはどこまで追求するべきか、リリースをするか否かの判断基準というのが
1つの論点になると思いました。

足を運んでくださった皆様、登壇者の方々、遅くまで本当にありがとうございました!!
このイベントを通じて、新しい発見や出会いがあれば幸いです。

今後も、このような取り組みを随時お知らせしてまいります。
 

網羅性のマジック

KLab Ventures代表ブログ『鴻鵠之志』より転載)

===================================================

起業を目指す方のビジネスプランの中には、ニッチなサービスのアイデアを聞くことが稀にあります。
ニッチメディア系は、カテゴリーに絞ってサービスを作ればよいのでアイデアとして想起しやすいし、ユーザーもある程度想定しやすいため、マーケティングしやすく、初期ユーザーなども獲得しやすい傾向にあります。

しかし、KLab Venturesの考え方として、実際にニッチメディアは立ち上がりのKPIが多少よくても投資検討することは難しいです。
なぜなら情報の網羅性がない情報メディアには価値はないからです。

image

例えばあるドメインにおける業界大手の総合ポータルサービスがあるとして、その中のニッチなカテゴリーに特化したメディアを展開する場合、多くのユーザーにとっては、その大手総合ポータルの方にいけば網羅的な情報があるため、わざわざそのニッチなメディアに訪問する意味は乏しいです。

つまり、情報を扱うメディアにおいては情報の網羅性がないサービスは、ユーザーにとって相対的に価値が低いのです。ビジネス経験が浅いと前述したメリットに目がいってしまい、こういったニッチメディアの罠にはまってしまう可能性があります。

この網羅性のマジックを解決する考え方として下記の3点ほどが思い当たります。

  • 他にはない情報を扱っているか?

  →他のメディアにはない希少性のある情報がある、このメディアに訪問する理由がある!

  • ニッチメディアからの次のステージへスケールするプランがあるか?

  →最初にニッチでユーザーを集め、総合ポータルへの移行を戦略的に進めるプランがある!

  • そのニッチメディアだけでも十分にマネタナイズできるビジネスプランがあるか?

  →メディア側で差別化するのはなくビジネスモデルで差別化する!
 

まとめ

ニッチなメディアをビジネスプランとして考えている方は上記の3点を参考にしてください^^





プロフィール


KLabVenturesは、ソーシャル、スマートフォン、その先の世界で活躍する企業への投資・育成を実施するベンチャーキャピタルです。

 facebookページ
https://www.facebook.com/KLabVenture

Twitterアカウント
https://twitter.com/KLabVentures





KLabVenturesのフッター 六本木
  • ライブドアブログ